もし研究者が世界一のマーケティングを学んだら

[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る

一体何の役に立つのか??

ビジネス書とか,
マネジメントとか,
マーケティングとか,
学術業界になんか生かせることあるのか?

と,昨年あたりに
ピーター・ドラッカーの「マネジメント」

をかじりだしたときから,
自分でもフシギなまま,
スティーブ・ジョブズのリーダー性に憧れ,
Appleの広告戦略にまんまとハマりまくり,
気付くと,Apple製品だらけのワタクシ.


やっぱ学術業界でも取り入れた方がいいこと,
たくさんある気がしてるんですよね.

モノやサービスを売って売上とか利益とか,
ってそういう業界じゃないですけど,
上司と部下の関係とかやっぱ普通にありますし,,
何か価値あるものを創出して,
その重要性を資金提供元に理解・納得してもらって,
もっとたくさんの人に喜んでもらうために
人を集めて価値を伝え,
世界をより良く変えるための成長を続ける,
その仕組や基本,本質は普遍的に共通するものも
あるんじゃないかと.

んで,マーケティング,って,
ビジネスだけにしか関係ない言葉かと,
勝手な先入観で思ってたんですけど,

「人を満足させる価値を生み出して,
それを届けるべき人にきちんと届けること」

っていうのが意味なので,
もともとは別に学術業界だろうと,
どんな団体だろうと,
それなりにみんなやることなんですよね.

最近,学会の運営に
少し関わらせてもらうようになって,
「マーケティング」
必要だなあ,って思うようになりました.

別に自分の給料とは全く関係ないですけど,
学会費だとか何かの代金を頂いて,
学会を運営しているのをみると,
全くマーケティングについて無知なのも,
マズイかなあと.

学会の場合は,
学会にたくさんの人に集まってもらって,
できるだけ満足してもらって,
「また来たい!」
「あの人にも薦めたい!」
って思ってもらいたいし,
そのための成長を続けることが,
学術の進展にも大きく貢献します.

勿論,自分の書いた論文一本にしても,
その価値をどんな人に読んでもらいたいか,
どうやって届けたらいいか,
投稿して出版されて終わり,
じゃあないよなあ,と.

モノ・サービスとお金の交換,
っていう形だと認識しやすいから,
そういう業界だけのものかと思ってたんですが,
割と普遍的に必要な行為なのかなと.

などと何冊か本をかじっているうちに思い始め,

「マネジメント」はピーター・ドラッカー
「カリスマリーダー」はスティーブ・ジョブズ
「コーチング」はアンソニー・ロビンズ
「マーケティング」は・・・

と探していたら,

ジェイ・エイブラハムさん,

という人の賞賛されぶりが
スゴイことを知りました.

んで,この前チラッと立読みしたのが,
「ハイパワー・マーケティング」
という本.

IBMシティバンクマイクロソフトDELL
といった大企業から,
街のクリーニング店や町医者のような
中小零細企業まで470業種の12,000社以上のクライアントを
ことごとく大成功に導いているんだとか.

”コストや時間をかけずに利益を生み出し、

しかも即効性のあるアイディアは世界中の起業家から
支持を集めています”

”1時間のコンサル料金は60万円以上とも言われ(しかも電話で!

セミナー参加費は通常100万円を超えることがほとんど”

うわあ,凄そうだけど,うーーーん,
と踏みきれず,立読みでそこは去ったのですが,
そのジェイさんの講演が< a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/Youtube">Youtubeで無料視聴できると知り,

ジェイ・エイブラハム「普遍的かつ圧倒的なマーケティング力」


15分ほどの動画を見てみました.
(個人的に,自然な日本語同時通訳と
実際のジェイさんの英語の
両方がバランス良く聞き取れるのは,
単純に映像編集として好印象です(^^♪
これ,結構ムズカシイんすよね.)

彼がいうのは,

顧客数×顧客単価×頻度


という3要素について,
それぞれをどれだけ増やせるか,
といった感じの話です.

掛け算なのでそれぞれ頑張って,
30%ずつ増やせると,
結果は2倍(1.3*1.3*1.3=2.197)
になったりするという,
ビジネス的テコの原理
(レバレッジというらしい)
を頭に入れるだけで,
随分視界が変わるんだ,
という感じの趣旨なのかな.

つまり,どれか一つの要素だけをひたすら増やすより,
自分たちの取り組みのどれが3つの要素に当てはまるか,
それを見極めてそれぞれが少しずつアップするようにする,
ということかな.

なるほど.

なるほどですが,
自分の業界にどう当てはまるか,
すぐにピンと来るほどセンスもなく,
もうしばらくゆるっと,
「マーケティング」
に触れてみようかなと思いました.

つーわけで,立読みで去った
「ハイパワー・マーケティング」
ポチってしまった・・・.

あ,こういう戦略だったとか?

価値あるフリーを提供して,
もっと価値のある奥の手を
しっかり買ってもらうみたいな?

いや,まあいいか,
楽しんで喜んで納得して買えたから.

いや〜〜〜,

マジで見事なマーケティング(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です