モテサク新作の中心でEYEを叫ぶ第二章のアノ人


「天気と気象について
わかっていること いないこと」
ベレ出版
筆保 弘徳 (著, 編集), 芳村 圭 (著, 編集), 稲津 將 (著),
7人の若手研究者仲間で一気に創りあげた,
新作発売まであと6日。
今日フィーチャーするのは、
第二章「台風の研究」の執筆担当,筆保弘徳さん.

f:id:motesaku:20130411155859p:image


ファンファーレ

空の研究室 TEAM SORA

本書のメイン編者として全ては,
この人から始まりました.
まさに本書にとっての”台風の眼”となる
中心人物が筆保さんです.
先週末に大荒れの天候をもたらした
爆弾低気圧の大暴れっぷりを
”台風並の暴風雨に注意”
などと表現していましたが,
そもそも本家の台風というものが,
どんなものなのかどれくらいご存知でしょうか?
通常,我々が知っている台風は,
発達したあとのものですが,
そもそもどうやって生まれたのか?
どこでいつ生まれるのか?
その問題は,未だに謎に満ちているのです.
その大問題に真っ向勝負を挑み続けてきた
筆保さんの苦悩と挑戦.
そして,ついに世界初の・・・
「その眼は・・・まさか・・・
イ、イザベルーーーー!!!
台風の中心でEYEを叫ぶ筆保さんの声を,
あなたは聞きとることができるでしょうか?
筆保さんがアイしてしまったイザベル、
一体誰なんでしょうか?
答えは61ページです(・∀・)
2. 台風の研究 【筆保弘徳】
2.1 台風研究の最前線〜リアルvsバーチャル〜
2.2 台風の正体〜地球上で最大最強かつ長寿の渦〜
2.3 台風誕生のなぞ〜台風誕生までの道のり〜
2.4 台風発生の季節予報
〜この夏の台風は多いか少ないか?〜
2.5 台風予測への挑戦
〜日本の科学技術が切り拓く未来〜

f:id:motesaku:20130411155902p:image


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です