海に響くお天道様とお月様の歌声



定点における3時間毎のCTD観測は、海の中の様々な声を聞き取るためのものです。

水深0-30mの表層海水は、お天道様と斉唱、80mより深くなるとお月様も加わります。

多分、もうちょっと低い声でその後ろにコーラス隊もいるはずです。

高頻度の作業は、そうした様々な旋律を聞き漏らさず記録するために、どうしても必要なのです。

モテサク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です