映画「海難1890」で1時間半泣き続けた理由


 

ま〜〜、最近確かに涙もろいことは割り引いても2時間の映画の1時間泣きっぱなしなのは流石に泣き過ぎだ。
開始30分で125年前の貧しい村の日本人が如何に豊かな精神性を持っていたかを、淡々とした事実描写から感動して泣いた。
中盤からイラク戦争時にトルコが日本人を救出してくれるエピソードに繋がると、今度は、いまの日本が日本人を救えない理不尽さに涙が溢れた。
終盤、トルコ国民が戦火の中で日本人を優先して救出してくれたエピソードでは、申し訳なくて、いたたまれなくて涙が止まらなかった。
日本トルコ合作映画「海難1890」は義務教育の歴史で国民全員が観るべきです。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/海難1890
特に1890年にヨーロッパで立場が苦しくなったトルコが大日本帝国の天皇陛下に支援を求めるためにエルトゥールル号に国運を託した経緯は、世界史と日本史を結びつけて捉える最高のポイントになるはず。
ここから何故?どうして?という素直な疑問を自由に辿れば相当な範囲の世界史と日本史に一気にたどり着けるはず。
そしてそれがいま現在の日本を取り巻く状況に直に結びついている。
そんな起点になる史実はそうそうないでしょう。
単純に感動するからおすすめします。
単純に美しい映像だからそれだけでもおすすめします。
単純に演技も素晴らしいのでそれだけでもおすすめします。
単純に楽しいからおすすめします。
結果的に心が真っ直ぐになるからおすすめします。
心から。
おすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です