天災は忘れた頃にやってくる、と90年前に言った人の研究


寺田寅彦は、90年前に「天災は忘れた頃にやってくる」と言った。

その人のお弟子さんが、「雪は天から送られた手紙」と言った中谷宇吉郎。

今の気象に携わる人、防災に携わる人は、みんなその延長線上にいる。

そこで少しさかのぼってみることにしました。

 

寺田寅彦は、本当に面白い人で、

尺八の音響の研究で博士号をとって、

X線の研究してみたり、

お菓子の金平糖の角の欠け方を研究してみたり、

そんなこんなをしながら、

夏目漱石の「吾輩は猫である」

の中に出てくる男性のモデルとして描かれたり。

 

まあ、とにかく面白いんで、とりあえず

Wikipediaだけでも、一回見てみて下さい。

寺田寅彦 wikipedia

 

でも今回、わざわざスライドまで作ったのは、

ちょっと別な視点で。

 

寺田寅彦の随筆の中に、

 

神話と地球物理学

 

という短い一考察があって、

日本の文化的土壌と、

日本固有の科学の特徴、

みたいなところがモテサクなりに、

急に降って湧いてきたのです。

 

そのもう一つのきっかけが、

一神教(キリスト教やイスラム教など)と

多神教(神道、その他アジア各地のアミニズム自然崇拝信仰)

によって、根本的な道徳観や価値観が変わる、

という河谷隆司さんのビデオ。

 

 

 

これを土台にして、

気象庁の役割と

ぼくたち一般国民の知恵の

融合した未来像を考えてみたい。

 

そんなスライドです。

 

よかったらどうぞ。

 

今週末におしゃべりを収録もするので、

そちらもあわせてお楽しみに。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です