2010年度のプレゼンを公開

[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る

自分が何故ここまでプレゼンに興味を持つのか?

このテーマの研究は長くなりそうです。

まずは、状況証拠としてここ1年のプレゼンを下記に列挙してみます。
基本元ネタは1つなのに、時と相手と場所によって、何度も作り替えています。
我ながら不思議なくらいです。
周りからも「よーやるね・・・」と半ば呆れ気味な顔をされることもありますが、自分でもそう思う。ムービーまで作っちゃってるし。
「そんな時間あったら新ネタの解析を進めればいいのに」は、極めて全うな考えだとも思う。
しかし、このネタを偉く愛してるんだろうな、というのは自分の中であって、そうじゃなければさすがに毎回ここまでしません。

というわけで。

内容・デザインその他、専門外・専門問わず、ご意見もこのブログ上で公開する限りにおいてお受けいたします。

プレゼンの元ネタの原著論文:
The Quarterly Journal of the Royal Meteorological Society
2010年12月受理
The influence of the observations propagated by convective coupled equatorial waves
PDF 3.6MB

データ同化専門の方向け:
第一回データ同化ワークショップ 
2011年4月22日
気象研究所
「熱帯気象研究におけるアンサンブルカルマンフィルター同化の効能」
スライド Keynote, PDF, PPT形式
スライド+当日ライブ音源 WMV形式 34分 80MB

熱帯気象専門の方向け:
DYNAMOワークショップ
2011年3月2日
マイアミ大学
「The objective evaluation of the value of CINDY/DYNAMO」
スライド Keynote, PDF, PPT形式
スライド+読み上げ収録音源 WMV形式 4分 14MB

CINDYワークショップ
2010年11月9日
海洋研究開発機構
「The objective evaluation of the value of CINDY/DYNAMO」
スライド Keynote, PDF, PPT形式

メソ気象・熱帯気象専門の方向け:
メソ気象に関する国際会議ICMCS8
2011年3月8日
「Characteristics of the vortical disturbances during PALAU2010」
スライド Keynote, PDF, PPT形式
スライド+読み上げ収録音源 WMV形式 6分 30MB

気象学専門外の方向けのプレゼン:
2011年1月17日
海洋研究開発機構
「熱帯波動が運ぶ気象観測情報〜1万km先まで広がる特別観測の貢献〜」
スライド Keynote, PDF, PPT形式
スライド+当日ライブ音源 WMV形式 20分 24MB

気象予報士会神奈川支部主催地球シミュレーター見学会
2010年12月9日
海洋研究開発機構
「気象予報システムを応用した熱帯観測」
スライド Keynote, PDF, PPT形式

スティーブ・ジョブズの本に感化される1年前
(論文執筆の前でもあるのでそこは割り引きつつ、デザインが全く違う):
大気科学に関する国際会議IAMAS
2009年7月27日
モントリオール
「Propagation of the Impact Signal of the Additionally-Assimilated Observations over the Indian Ocean through tropical waves
スライド PPT形式 16MB

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です