気象は”視覚的興味が理解の入り口”


史上最強カラー図解 プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本

史上最強カラー図解 プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本

【主な登場人物のキャラをつかもう】

日常的に見ているテレビやウェブ上の気象情報.

みなさんはどれくらいの興味で見ているでしょうか?

本書の第一部では,普段「情報」として捉えている様々な画像や説明文を丁寧にほどいています.

フルカラーの図解が巧みに展開され,
より親しみを持って能動的に読み解くためのコツを視覚的に捉えることができます.

アジサイの色が青っぽくなったり,赤っぽくなったりする仕組みや
梅雨明け時にどの種類のセミが鳴くかなど,
動植物と天候変化の対応の説明もとても楽しめます.

【天気を予報する手順を知ろう】

天気予報が毎日伝えられるのは,もはや私達にとって当たり前になっていますが,
その手順を知っている人は多くないはずです.

それらの手順を紐解くのが第二部です.

気象庁がコンピュータで計算して基礎となる資料を作成し,
予報官と呼ばれる人達がその資料から天気図を作成したり,
重要な情報だけを抽出したり.

その結果を気象予報士の資格を持ったキャスターがより親しみやすく,
伝わりやすい言葉で補いながら私達に伝えてくれています.

監修の岩谷キャスターの躍動感あふれる一日をたくさんの写真で紹介したり,
気象庁の現場のスタッフも登場して生の声が掲載されていたり,
天気予報の全ての手順にワクワクが満ちていることを感じ取れるはずです.

そして最後の岩谷キャスターの一言に心を打たれます
「参考書だけでなく,空も見て欲しい」

【大気現象の仕組みと異常気象の中身】

虹,雷,雪の結晶,オーロラ.

美しい写真を眺めるだけでもこの第三部は十分楽しめます.

なんでこんなに美しいんだろう?

そう思ったら,イラストも交えて2ページ以内に
すっきりとまとまった説明に目を通してみると,
きっと「へえ!」の連続です.

そうした視覚的に目を引く大気現象の基本的な仕組みを知ってしまうと,
異常気象というものの中身も今までと随分違った捉え方で深く理解できるようになります.

地球温暖化,という言葉だけは報道などでもいつも聞くけど,
本当にその意味を分かっていたでしょうか?

報道している人自身が実はあまりよく分からずに伝えている場合もかなりあるように思います.

温暖化問題に限らず,ゲリラ豪雨やヒートアイランド現象,

エルニーニョ・ラニーニャなど聞いた報道からなんとなく情報を受け取るよりも,
能動的に考えて判断することができるようになると不必要な不安はなくなります.

この本は,多くなりすぎた情報の波を能動的に乗りこなすきっかけに満ちています.

きっかけをつかむための写真やイラストが一枚,また一枚と増えていけば,
本書を持っている価値は,そのたびに倍増すると思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です