ジョブズ関連本で一番好きです.


昨年から10冊ほど読んだジョブズ関連本の中で,
これが一番好きです.

多くの関連本があるなかで,
有名なエピソードとは一線を画したシーン描写が満載です.

その独自性の高さは,そのまま説得力の高さでもあります.

10章もある豊富な内容をシンプルに書くなんてできるのかな,
と思ったりしましたが,清々しいまでにシンプルです.

各章を構成する段落がシンプル.
各段落を構成する文章がシンプル.
各文を構成する表現がシンプル.

そりゃあ,何章だろうとシンプルだわ.

にも関わらず,ここまでシンプルに削ぎ落とす推敲を重ねていながら、
なお謙虚さを全く失っていません.

「どれほど推敲し、刈りこんでいても、
もう余分な語はないと思える文章に私はまだ出会ったことがない.」

「必死になって物事をじっくりと見れば、
いつでもどこか削れるところが見つかるはずだ.」

「アイデアを本質まで削ったときにだけ、
それは誇れるものになるのだ.」

全ての文章がこの調子です.

これを書いていたら,3回目をまた読み直したくなってきました.
オススメ過ぎて知り合い全員に配りたいくらいです.

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です