ファンキー学術界の頂点


“孤独なバッタが群れるとき
―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学) [単行本] 
前野 ウルド浩太郎 著” 

f:id:motesaku:20121227211655j:plain

 

ファンキー学術,などという世界が,既にあるのか?

と言われれば,答えはノーだが,僕はあるべきだと思う.

そして本書は,その頂点に燦然と輝く歴史的名著だ.

 

本書に出会うまで,自称ファンキー学術世界一,の

つもりだった.でも,出会ってしまったら,認めるしかない.

 

期待を超える真摯さと狂気と知的興奮に満ちた圧倒的な面白さに感服.
何より素晴らしいと思ったのは,半端じゃ無い”自己開示”の度合い. 
彼の暗い過去や劣等感が,輝きに変わり,美しい光を放つ.
amzn.to/WDR6p2

ここまでやられたら,悔しくもなんともない.
その成”幸”が,ただただ羨ましい.
全ての研究者が読んで,そう思うはず.

科学がここまで面白いなら,食わず嫌いはもうやめよう.
科学が苦手な人も,絶対そう思うに違いない.

この本のエンターテインメント性は,その辺のエンタメを既に超えている.
平易なだけではない,フィクションをも超えるエンタメ性があるのだ.
それでありながら,内容は至って高度で専門的で一切手を抜いていない.

こんなことが可能なのか・・・
自分がやろうとしたことの遥か上を行く32歳の圧倒的な才能に呆然とした.
amzn.to/WDR6p2

モテサクは感動屋だから,大袈裟なんだろう.
そう思う人もいるかもしれない.
ならば,他の人の書評ブログを冷静にお読みになるといい.

[バッタ博士によるバッタ本の目次がキてる件]
http://bit.ly/TBy7yg
目次だけでお腹いっぱいかもしれないが,本文はもっとスゴイ.

紀伊國屋書評空間 小説家・朱野帰子の書評ブログ
http://bit.ly/WJhXzS
プロの小説家をして「頭から離れなくなってしまう悪魔の書」

”最初に書いておこう。
本書は今年読んだノンフィクションの中で、一番面白かった。”
http://bit.ly/TByXuV
”内容的にはかなり専門向けな本で、これほど面白いものは滅多にない”

これだけの知的興奮がたった2100円?
安すぎるくらいだ.
amzn.to/WDR6p2

カバーがちょっと地味だけど,内容からしたら,
ベストセラーになっても全然驚かない.

僕は彼を心から尊敬し,応援したいので,みなさんにお願いがあります.
amzn.to/WDR6p2
で,「いいね!」の1クリック,
Kindle化リクエスト」の1クリック,
是非してあげて下さい.

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です