不特定多数に開かれたもの造り・ウィキノミクス


ドン・タプスコット/アンソニー・D・ウィリアムズ 著

f:id:motesaku:20130202223647p:plain

内容紹介:

不特定多数に開かれたもの造りが始まった。「フラット化」の次に来る、真のもの造り革命である。ウィキノミクスの行動原理は四つ――オープン性、ピアリング、共有、グローバルな行動。活発な“事業エコシステム”として数十万(あるいは何百万)ものパートナーが協力するという、今まで夢でしかなかった生産の形態が登場しつつあるのだ。先行するP&G、ボーイング、BMW、レゴ、メルク、IBMはすでにその大きな配当を享受している。

この潮流の敗者たちは、「単にウェブサイトを立ち上げ」、「囲った“庭園”をつくり」、「自らのみで革新を進め」、「データとソフトウェアを頑なに守ろうとする」。しかし、この大波に乗じる勝者たちのほうは、「活気あるコミュニティを立ち上げ」、「開かれた“広場”をつくり」、「ユーザーを巻き込んで革新に取り組み」、「データとソフトウェアを全世界に公開してみせる」。そして、本当の変革はこれから始まるのだ。
一口書評.

ボクはこれを本でやりたかったから,やった.
これからもあらゆることで,この方針でいくつもりです.
2007年の本だけど,2013年の今読んで,
現実に起きたことと答え合わせをしながら読めば,
予言がいかに的確かよく分かります.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です