インプットとアウトプットのあいだに 〜情報を理解に変えるプロセス〜


f:id:motesaku:20130228140550p:image

先日,海上自衛隊で海洋観測と天気予報の関係について,
話させて頂く機会がありました.
「海と空のあいだに 今日もつゆの雨が降る」

スライドはコチラ 
メイントピックは,
「天気図での着眼点」
「海洋観測の重要性」
「豪雨と海洋の関係」
という3つにしました.
時間は1時間半頂いたのですが,
スライドはざっくりした図が
28枚だけ.
今回は,あることに挑戦したかったから,
スライドを極力減らしました.
やりたかったのは,
一方的に話すプレゼンではなく,
聴衆同士で話し合ったり,
意見のある人が前に出てきて話したり,
というスタイルです.

このスタイルのモデルとしたのは,
アクティブ・ラーニング代表の
羽根拓哉さんによる下記動画です.

「社会人基礎力_FD教える技術
No.1-14 人間力を向上させる新教育手法」

この動画は,テーマもとてもためになりますが,
そもそも話を聞いている相手の脳を如何に
活性化させるか,という実践的な方法が,
たくさん出てきます.

例えば,僕が今回真似をしたのは,

「梅雨の予報精度が悪いのは何故なのか?」

という問いを一つたて,
座っている隣同士でペアになって数分間,
話し合ってもらう,というものです.

答えなんか僕も知りません,
みなさんがどう思うか,
そう思ったことがなかった,でもいい,
何故そうなのか,
自由に話し合って下さい,
という時間を作りました.

数分間のペアディスカッションの後に,
実際どんな話をしたか,全体と共有して下さい,
というとすんなり意見が出てきます.

話を聞く,というインプットだけだと,
人の脳は,一時的な記憶領域にしか,
情報が入りません.

そして,得た情報が一時記憶にしか入らないと,
その90%近くが失われてしまうんだそうです.
しかし,インプットしたことを
すぐに誰か他者に対してアウトプットすると,
脳の一時記憶から主記憶へと情報が移されるので,
理解の度合いが全く違ったものになります.
ここで,ノートに書く,というのも
一つのアウトプットですが,それよりも,
自分の言葉を理解してくれない他者に,
一生懸命アウトプットする方が
圧倒的に記憶を定着させる効果があるそうです
羽根さんの動画で脳の仕組みに基づく解説が
されているので是非動画を見ながら真似してみて下さい.

今回初めて試してみましたが,
とってもカンタンで,かつ,
効果的です.

ちなみに羽根さんは,こうしたワザを数々生み出し,
ハーバード大で,「優秀教育者賞」までとっています.

他にも極めて合理的でシンプルなワザが満載です.

教育に興味がある方,
プレゼンに興味がある方,
自分の理解力を深めたい方,

必見です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です