モテサク新作,衝撃の第一章のナカミをチラ見

[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る

「天気と気象について
わかっていること いないこと」
ベレ出版

筆保 弘徳 (著, 編集), 芳村 圭 (著, 編集), 稲津 將 (著),

吉野 純 (著), 加藤 輝之 (著), 茂木 耕作 (著), 三好 建正 (著)

http://amzn.to/ZM8wiX

7人の若手研究者仲間で一気に創りあげた,

新作がいよいよ発売まであと1週間になりました.

我ながら楽しみ過ぎて,もう待てない!

ので,ひとりずつ執筆者の方を紹介しながら,

カウントダウンしていきます(・∀・)

第一章「温帯低気圧」の執筆担当は,稲津將さん.

f:id:motesaku:20130410125150p:image

先週末も爆弾低気圧が全国的に大荒れの

天候をもたらして通りすぎて行きましたが,

この季節において最も身近な気象,

温帯低気圧”から本書の話は始まります.

温帯低気圧なんて,身近過ぎて,あなたは,

大体わかった気になっているかもしれませんね.

しかし,その温帯低気圧
稲津さんの手にかかると,

ここまで刺激的で
ドラマチックで
驚きに満ちた存在なのか!,

と衝撃の連続です.

読み物としての軽妙さ,

玄人でも唸るほどの奥深さ,

これ以上の出だしはない,

という強烈なインパクトのある

第一章になっています.

目次を見ただけで彼の鋭すぎるセンスに,
僕は一緒に執筆作業を進めていて圧倒されました.
というわけで.
出だしからコレですから.
およそ,今までの気象関係の書籍とは,
完全に一線を画した路線であることは,
間違いありません(・∀・)

1. 温帯低気圧の研究 【稲津將】

1.1 気候系の「ホットスポット

・気候系の「ホットスポット

・わかってきた中緯度海洋の役割

・前線と前線

・史上最大の土木工事、
あきらめ、シミュレーション

1.2 真冬のなぞ、爆弾のなぞ

温帯低気圧の存在意義

・チャーニー理論ダイジェスト

・日本の真冬の特殊性

・(正)爆弾低気圧 (誤)爆弾高気圧

1.3 温帯低気圧のゆくえ

・尾行と張り込み

温帯低気圧トラッキング「世界大会」

・最新型トラッキングの威力

・未来の温帯低気圧予測の挑戦!

f:id:motesaku:20130410125154p:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください