モテサク新作、第三章はなんでしょう?

[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る

「天気と気象について
わかっていること いないこと」
ベレ出版
筆保 弘徳 (著, 編集), 芳村 圭 (著, 編集), 稲津 將 (著),
7人の若手研究者仲間で一気に創りあげた,
新作発売まであと5日。
今日フィーチャーするのは、
第三章「竜巻の研究」の執筆担当,吉野純さん.

f:id:motesaku:20130412142607p:image


温帯低気圧,台風,ときて,
誰もが目をそらすことのできない,
”地球上で最も強い風を吹かせる”
現象が竜巻です.
2012年5月6日のつくばで大きな被害をもたらした竜巻は,
みなさんの記憶にも新しいところでしょう.
多くの映像などからも分かる通り,
竜巻は,通常の気象ではあり得ないほどに
強烈な風速で致命的な被害をもたらします.



この章では,竜巻を理解する上で欠かせない
”ミスター・トルネード”
と呼ばれる伝説的な日本人研究者,
藤田哲也博士の功績から物語が始まります.
気象学にもノーベル賞があったなら
間違いなく最初に受賞したであろう,
とまで言われるほどに
今日の気象学発展の礎を築いた博士の功績を辿ると,
竜巻研究の歴史そのものと言っても過言ではありません.
そのミスターの積み上げた功績の上で,
最先端の技術を結集した竜巻予測への挑戦.
謎が一つ解明されるごとに
新たな謎が10生まれる現状.
それをどうやって越えて行けばいいのか?
この章を通じて,あなたも当事者の一人として,
一緒になって考えてみませんか?
3. 竜巻の研究 【吉野純】
3.1 ミスター・トルネードの功績〜竜巻を測る〜
・ミスター・トルネード藤田哲也博士
・竜巻の強さスケール −藤田スケール
・音速竜巻!? −強化藤田スケール
藤田スケールでみる米国と日本の竜巻
3.2 ストームチェイサーがとりつかれる竜巻〜竜巻の中へ!〜
・ストームチェイサー −VORTEX−
・竜巻の渦はどこからやってくるのか?
・ミスター・トルネードの更なる発見 −吸い込み渦−
・竜巻にも眼はあるのか?
3.3 竜巻の人口制御と予測〜竜巻への挑戦〜
・竜巻の人口制御の試みと挫折
・竜巻予測は可能なのか?

f:id:motesaku:20130412142600p:image


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です